グランプリ決定
ハイフォトアワード2009 最終審査イベント「公開編集会議」
売れる写真とは何かを考える、今までにない新ジャンルのフォトアワード
開催概要 募集要項 応募手順 FAQ エントリー ギャラリー イベント 審査結果

審査結果発表

  • 応募規約
  • お問い合わせ

ごあいさつ

3月27日、ハイフォトアワード2009が開催され、応募総数432点の中からグランプリ作品が決定いたしました。受賞作品、福田啓人さんの「水辺の宝石・翡翠」は野鳥(カワセミ)の一瞬を捉えた作品で、7年間に及ぶ撮影と一貫したテーマが認められ、みごとグランプリを獲得いたしました。今夏にむけて写真集を発売いたします。

第一回目の今回は「写真家でもなく、カメラマンでもなく、編集者が選ぶ売れる写真(集)とは何かを考えるというテーマのもと、写真集や写真に造詣が深い総勢7名の編集者の方々に審査員としてお集まりいただきました。

前半は、最終審査に残った20名の作品を順番にスライドショー上映。ノミネート参加者は、作品のテーマやコンセプトをプレゼンテーション。審査員から質問や感想、意見を投げかけられ緊張感のあるものになりました。

後半は休憩を挟み、「売れる写真とは何か」を考える公開ディスカッション。審査員一人ひとりが、いい写真集を作るために大切に思う点や制作の具体的な話、写真家へ望むことなどを熱く語ってくださいました。

制作の手法やこだわりは様々あるものの、世の中にでている写真集はそれぞれ制作にかかわった写真家・デザイナー・編集者がベストな状態を追求した結果、生み出されたものだということがご参加いただいた皆様にわかってもらえたと思います。

ハイフォトジャパンでは、魅力的なフォトグラファーを見出すべく今後も「作品発表の場」と「写真について真剣に語れる場」を作り出してまいります。

ご来場いただきました皆さま、忙しい中ご出席いただいた審査員の皆さま、イベントの企画・運営をサポートしてくれた関係者、そして大切な作品をエントリーしてくださった皆さま、すべての方にこの場をおかりして心より御礼申し上げます。

2009.4.30 High photo Japan

view the slideshow アワード当日の様子
(スライドショー)

オリンパスE620にて撮影、アートフィルター機能を使用しています。

アワード当日の様子

審査員のご紹介

  • 編集者/クリエイティブディレクター 後藤繁雄
  • 株式会社 プチグラパブリッシング 伊藤高
  • 株式会社 求龍堂 鎌田恵理子
  • ナショナル ジオグラフィック日本版 編集長 藤田宏之
  • コマーシャル・フォト 編集長 坂田大作
  • 有限会社 雷鳥社 柳谷行宏
  • ハイフォトマガジン 編集長 安在美佐緒

(順不同)

会場アンケート結果

Qestion. 普段写真集を買っていますか?
買っている 81%。買っていない 19%。
Qestion. 今後も写真集を買いますか?
YES 79%。NO 6%。どちらとも言えない 7.5%。無回答 7.5%。

Grand Prize

ショートストーリー部門 最優秀賞&ユーザー賞
nee

タイトル:「アナマクロ」

20代はスノーボード中心の生活を送っていました。
2005年に写真の学校にてカメラの使い方を学びカメラ人生のスタートを切りました。
遅いスタートですが最後に笑えるように頑張ります♪

審査員からのコメント

  • おもしろい、面白いだけで意味がある。(伊藤高)
  • 企画が明解でいい、ユーモアがある。(安在美佐緒)
  • 企画、発想がおもしろい。(坂田大作)
  • 写真と言葉がタッグを組むと強い。時間という概念はシンプルで最も強い言葉の一つなんだと思う。(柳谷行宏)

ユーザーからのコメント

  • マクロ好きなんで。
  • ストーリー性があり分かりやすくきれいだった。
  • 見ていて楽しかった。
  • 単純明快なストーリーが良かった。
  • ステキでした。
  • 短い作品の中でとても見やすく面白かった。
  • サラリーマンの生活を考えて作ったのが面白いと思いました。
  • 時間をつけている部分が更に写真を楽しくさせてる気がします。
  • 単純に面白かったです。こんな広告があったら楽しいと思う。
  • 「やりたいこと」「表現したいこと」「見る側に受け止めてもらいたいこと」が一番ハッキリ分かりました。
  • 一番面白く、次の写真が見たくてインターネットのページをめくりました。

Semi Grand Prize

ショートストーリー部門 優秀賞
SATOSHI

タイトル:「東京花」

カメラ歴11年程です。
フィルムのマニュアルカメラ(135mm)からスタートしています。1年目にカメラの撮影方法の雑誌等を大量に購入して学び(独学)ました。

プロフィール

カメラ歴11年程です。フィルムのマニュアルカメラ(135mm)からスタートしています。
1年目にカメラの撮影方法の雑誌等を大量に購入して学び(独学)ました。
しかし、2年目になり、基本は 何となくマスターしたのですが、自分のスタイル(想い)にならなくて、6年間は低空飛行の日々(撮ったり撮らなかったり)でした。3、4年前にデジタル1眼を購入し、フィルムカメラと使い別をしながら撮影することで、今のスタイルの原型が表現できるようになりました。そこから更に自分のイメージに近づけるために、今までの撮影方法を見直す(自分の撮影理論、カメラ、フィルム、レンズ等)ことで去年の3月に中判を購入し、今の作品(東京花)の基本形ができました。
今の作品が自分のイメージに近づいたことで、目標の中の一つである写真集の構想を去年から色々と調べて考えていました。お客様で雑誌や本の関係の方が3名いらっしゃいますが、今の出版業の現状を聞いております。簡単に写真集が売れるとは思っていません。売れるにはどうすればよいのか考えています。
自分の作品が採用された場合はいくつかアイディアをお話させていただきます。

審査員からのコメント

  • 完成度は高く、良く考えられている。(後藤繁雄)
  • 色がきれい、オリジナリティがある。(安在美佐緒)
  • 思い入れから一回離れるとよりよくなる。(藤田宏之)
  • 花を魅力的に撮れる人のことがうらやましい。すごく心の強い人だと思うから。(柳谷行宏)
  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。