2008-9-5 NEWS : ミドルクラスデジタル一眼レフカメラ「EOS 50D」が9月下旬に発売

有効画素数を約1510万と従来の1.5倍に高めつつ、画像処理性能を高めたキャノンのEOS50Dが9月下旬に発売される。高解像度化を図りながらも、毎秒6.3コマで約90枚の連続撮影も可能。低ノイズ化も図り高感度でも撮影できる。

<主な特長>◎高画質・高ISO感度。約1510万画素CMOSセンサー ◎高精細・高速画像処理。次世代映像エンジンDIGIC 4 ◎フェイスキャッチテクノロジー搭載ライブビュー撮影機能 ◎約6.3コマ/秒の高速連写&UDMA対応による高速データ転送。 ◎高精度・高速。全点クロス9点AF(中央F2.8対応) ◎EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS/手ブレ補正機構付ズームレンズキット◎3.0型/約92万ドットの高精細・広視野角クリアビュー液晶モニター ◎やさしく高度な撮影を実現。クリエイティブ全自動モード ◎進化したダスト対策システム[EOS Integrated Cleaning System] ◎フルハイビジョンテレビで写真鑑賞できるHDMI出力端子搭載
<主な仕様>◎有効画素数 約1510万画素 ◎大きさ 145.5(幅)×107.8(高さ)×73.5(奥行)mm ◎質量 約730g(本体のみ)

■詳しくは >> http://cweb.canon.jp/camera/eosd/50d/index.html
■お問い合わせ キヤノンお客様相談センター TEL 050-555-90002

NEWS一覧へ戻る

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。