2009-9-26 NEWS : 「光 松本陽子/野口里佳」展

松本陽子は、2005年の神奈川県立近代美術館・鎌倉館での二人展以来4 年ぶり、野口里佳は2004 年の原美術館での個展「飛ぶ夢を見た」以来5年ぶりの、大規模な展覧会となる。大作絵画を中心に、1980年代からの代表作約50点を紹介する松本展。ここ10年ほどのおもだった連作を網羅して約100点を展示する野口展。同展は、それぞれの独立した展覧会としても楽しめる個展を、2本連結するかたちで構成している。

■開催場所:国立新美術館 企画展示室2E http://www.nact.jp/
■開催期間:2009年8月19日(水)〜10月19日(月) 火曜休 10:00−18:00 (金曜〜20:00 )*入場は閉館30分前まで
■観覧料:当日券 一般1,000円 大学生500円 団体券 一般 800円 大学生400円
    ※団体券は会場でのみ販売(団体料金は20名以上から適用)
    ※高校生、18歳未満の方、および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料
    ・会期中に同館で開催中の企画展、および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館で開催中の企画展チケット(半券可)を提示の場合、団体料金が適用。

本展のテーマである「光」は、芸術表現と深い関わりを持つもの。絵画と写真という二つの表現領域において、それぞれ「光」がどう表現されているのか。また分野が異なる二人の作品が出合うことで何が生まれるのか。「光」という古くて普遍的なテーマを再考するきっかけになる展覧会。

◆野口里佳 インタビューはこちら

NEWS一覧へ戻る

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。