■データ:WALL http://www.g-wall.org http://www.w-nagare.jp
◆2007年10月発行◆2,800円(税込)◆A3変型◆116ページ◆綴じ無し

写真家の泊昭雄が制作する限定3000部のオールモノクロの大人のビジュアル写真誌。時代とともに、刻々と変化し流れていく、人、風景、物。その中でも、留めておきたい「美」を、日頃広告や雑誌などで活躍するクリエイターたちの「美意識」によって、表現された作品たちが収録されている。写真家の泊昭雄、藤井保、杉山守、小林紀晴、TAKA、などが参加。


ドキュメンタリー・スタイルの作品で知られる、アンデルス・ペーターセン氏。氏の原点とも言える『Cafe Lehmitz』シリーズは、ハンブルクでのナイト・ライフを2年に渡り撮影したもの。この中から、ニュー・プリント約45点を展示。

■開催場所:RAT HOLE GALLERY
■開催期間:2007年9月28日(金) 〜2007年11月2日(金) 12:00〜20:00(月休み)
■入場料:入場無料


日本全国を旅した中で心惹かれた景色を、8×10インチ判の大型カメラで、撮り続ける三好氏。プリントは、20×24インチ(全紙サイズ)。数千枚ものネガの中から選びぬかれた約40点のモノクローム作品が展示される。

■開催場所:フォト・ギャラリー・インターナショナル
■開催期間:2007年10月10日(水)〜11月10日(土)月〜金 11:00〜19:00 土 11:00〜18:00日・祝休
■入場料:入場無料


ティッシーの主な被写体は女性。これまでに1,000枚以上の白黒写真を残している。保存状態が良好でなかったため、時間による風化や傷みが見られるが、それが写真独特のブレ感やかすみがかった風合いを強めている。日本初個展となるこの写真展では、作家手製のカメラで撮影されたオリジナルプリント29点などを展示。

■開催場所:タカ・イシイギャラリー
■開催期間:2007年10月6日(土)〜11月2日(金) 火曜〜土曜12:00〜19:00日・月・祝休
■入場料:入場無料


ファッション、広告の世界で活躍する横浪氏の写真集刊行記念展。何の気なく田舎町で暮らす男性の姿や、過ぎて行く日々が写し撮られている。
美しいイメージに遊び心が同居する、その絶妙さや、優しくもヘンテコな世界に出会える写真展。

■開催場所:LAPNET SHIP
■開催期間:2007年10月19日(金)〜10月28日(日) 11:00〜20:00(最終日〜18:00)
■入場料:入場無料


家族写真を中心とした「浅田家」シリーズを展示。
今回で3回目となるが、4名構成での「浅田家」は、今回が見納めとなる。氏は「浅田家」の活動で、第32回木村伊兵衛賞最終選考に残っている。
展覧会初日に、「浅田家2007」写真集を販売。会場で購入可

■開催場所:ギルドギャラリー大阪
■開催期間:2007.10.23(火)〜11.11(木) 13:00〜20:00(土日〜19:00)月休
■入場料:入場無料


■写真:ホンマタカシ
■パルコ出版 http://www.parco-publishing.jp/
◆2007年6月発行◆3,800円(税別) ◆A3変型◆128ページ◆ソフトカバー◆アートディレクション/山本晃士ロバート 

写真家・ホンマタカシが8年間にわたり撮影し、個展や雑誌などで発表し続けた、ハワイ、ノースショアの波の作品を書籍化。決定的な瞬間ではなく、カメラに向かってくる、たえまない波のエネルギーをただ淡々と撮影。新たな写真表現に挑戦する記録でもある。約100点が収録されている大型版アートブック。


一昨年、大好評だった「ミーカフェinスワンカフェ」が今年は銀座に出店。
「障がいのある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現」このノーマライゼーションの理念を基に、ベーカリーチェーン店を全国展開する(株)スワンと、この理念に賛同した写真家、平間至の協力により実現した。
一昨年も大好評だったクリーミーコロッケサンドやデザートがバージョンアップして登場。エプロン、巾着、ポストカード、ワッペンなど、全国の障がいを持つ人たちの協力で作ったアイテムも仲間入りしたミーカフェオリジナルグッズも販売する。
平間の「ミーカフェinスワンカフェ2nd」参加日時は、随時ホームページで告知。
http://www.itarujet.com/

■開催場所
A会場 スワンカフェ銀座店 
(平日7:30〜23:00 土11:00〜23:00 日11:00〜19:00)
B会場 スワンベーカリー銀座店
(平日7:30〜22:00 土11:00〜20:00 日11:00〜19:00)

■開催期間
9月25日(火)〜10月21日(日)*期間中無休


■写真: 森山大道
■月曜社 http://getsuyosha.jp/index.html
◆2007年7月発行◆6,300円(税込)◆A4大(300×223mm)◆432ページ◆並製カバー

2004年から2007年の3年間、5度にかけて訪ねて撮り下ろされという待望の森山大道最新作品集。
陰影に富んだ異貌のハワイはまさに「森山大道のハワイ」。私たちの知らないハワイが表現されている。モノクローム 291点収録。


10月2日(火)、六本木・AXIS GALLERY(アクシスギャラリー)にて、企画写真展「ゼラチンシルバーセッション2007」がスタートした。
銀塩写真の美しさや楽しさを再認識し、次世代にフイルムを残そうという、4人の写真家(滝本幹也、平間至、広川泰士、藤井保)の思いから昨年はじまったプロジェクト。
開催初日は瀧本幹也、操上和美、笠井爾示、本城直季、平間至らも駆けつけ、溢れるほどの来場者で賑わっていた。
会場ではパンフレット(1部 1,000円)のほか、シルバーアクセサリーブランド「M・A・R・S」とのコラボレート商品も販売。
銀塩写真をプリントする際に出た70リットルの廃液から作られたという、ピンバッヂとクリップ(セットで4,800円)はどちらもカメラを模したデザインが可愛らしい。
同展は10月20日(土)まで。引き続き、京都のart zoneで 10月24日(水)〜11月7日(水)に開催。


« 1 ... 35 36 37 (38) 39 40 »
  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。