■写真:ホンマタカシ
■パルコ出版 http://www.parco-publishing.jp/
◆2007年6月発行◆3,800円(税別) ◆A3変型◆128ページ◆ソフトカバー◆アートディレクション/山本晃士ロバート 

写真家・ホンマタカシが8年間にわたり撮影し、個展や雑誌などで発表し続けた、ハワイ、ノースショアの波の作品を書籍化。決定的な瞬間ではなく、カメラに向かってくる、たえまない波のエネルギーをただ淡々と撮影。新たな写真表現に挑戦する記録でもある。約100点が収録されている大型版アートブック。


一昨年、大好評だった「ミーカフェinスワンカフェ」が今年は銀座に出店。
「障がいのある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現」このノーマライゼーションの理念を基に、ベーカリーチェーン店を全国展開する(株)スワンと、この理念に賛同した写真家、平間至の協力により実現した。
一昨年も大好評だったクリーミーコロッケサンドやデザートがバージョンアップして登場。エプロン、巾着、ポストカード、ワッペンなど、全国の障がいを持つ人たちの協力で作ったアイテムも仲間入りしたミーカフェオリジナルグッズも販売する。
平間の「ミーカフェinスワンカフェ2nd」参加日時は、随時ホームページで告知。
http://www.itarujet.com/

■開催場所
A会場 スワンカフェ銀座店 
(平日7:30〜23:00 土11:00〜23:00 日11:00〜19:00)
B会場 スワンベーカリー銀座店
(平日7:30〜22:00 土11:00〜20:00 日11:00〜19:00)

■開催期間
9月25日(火)〜10月21日(日)*期間中無休


■写真: 森山大道
■月曜社 http://getsuyosha.jp/index.html
◆2007年7月発行◆6,300円(税込)◆A4大(300×223mm)◆432ページ◆並製カバー

2004年から2007年の3年間、5度にかけて訪ねて撮り下ろされという待望の森山大道最新作品集。
陰影に富んだ異貌のハワイはまさに「森山大道のハワイ」。私たちの知らないハワイが表現されている。モノクローム 291点収録。


10月2日(火)、六本木・AXIS GALLERY(アクシスギャラリー)にて、企画写真展「ゼラチンシルバーセッション2007」がスタートした。
銀塩写真の美しさや楽しさを再認識し、次世代にフイルムを残そうという、4人の写真家(滝本幹也、平間至、広川泰士、藤井保)の思いから昨年はじまったプロジェクト。
開催初日は瀧本幹也、操上和美、笠井爾示、本城直季、平間至らも駆けつけ、溢れるほどの来場者で賑わっていた。
会場ではパンフレット(1部 1,000円)のほか、シルバーアクセサリーブランド「M・A・R・S」とのコラボレート商品も販売。
銀塩写真をプリントする際に出た70リットルの廃液から作られたという、ピンバッヂとクリップ(セットで4,800円)はどちらもカメラを模したデザインが可愛らしい。
同展は10月20日(土)まで。引き続き、京都のart zoneで 10月24日(水)〜11月7日(水)に開催。


舞踏家田中泯−東北<塩竈・鳴子>の地霊と魂の共振、写真家平間至が喝写

5月に宮城県塩竈市鳴子で行われた田中泯による場踊りを平間至が撮影。
その作品が10月から3箇所で展示される。田中は、2006年から、劇場を離れ各地を気の向くまま踊る旅にでる「場踊り」を実施。
平間が自身の故郷である塩竈に招き、二人のセッションが実現した。
鹽竈神社に始まり、闇市、野々島、石浜、御殿場、そして鳴子と場を変えて田中泯の踊りはいよいよ自在に、地霊と交感して自らの魂と共振を深めていく。
平間至のファインダーは田中泯の何を〈喝写〉したのかー。

■開催場所・期間
・菅野美術館(塩竈市玉川3−4−15  tel 022-361-1222)
10月6日(土)〜12月16日(日) 10:00〜17:00 月・火休
http://www.kanno-museum.jp/

・ビルドスペース(塩竈市港町2−3−11  tel 022-366-5817)
10月6日(土)〜12月16日(日) 11:30〜17:30 不定期休・要電話
http://www.birdoflugas.com/

・ふれあいエスプ塩竈(塩竈市東玉川町9−1  tel 022-367-2010)
メイキングフォト展
10月6日(土)〜12月16日(日) 月、10月22日〜26、31日休 
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/

■関連イベント
<トークイベント>
平間至×沖中尚志(フォトグラフィカ編集長) 「フォトカルチャーの未来(仮)」
日時・11月10日(土)18:00〜
場所・ビルドスペース

<ダンスロードムービー上映会とトークイベント>
『ウミヒコヤマヒコマイヒコ』(2007年制作 主演 田中泯 監督 油谷勝海)
トーク 平間至×田中泯
日時・12月8日(土)14:00〜
場所・ふれあいエスプ塩竈
入場料・1000円


『リジェネレーション:将来を担う50人の写真家たち2005-2025』展のカタログ。「この写真家は20年以内に名を知られた存在になるだろうか?」の問いのもと、世界的に有名なスイス・エリゼ美術館のキュレーター達が、世界中の何百人の候補から50人の若手写真家を選出。世界の写真の水準、動向が見える必携版。


デジタルではない、銀塩写真の良さ、暗室の楽しさを伝えるためのプロジェクトである「ゼラチンシルバーセッション」。この写真展には、16名のフォトグラファーが参加している。上田義彦×三好耕三、笠井爾示×操上和美、菅原一剛×広川泰士、鋤田正義×平間至、小林紀晴×泊昭雄、小林伸一郎×本城直季、瀧本幹也×M.HASUI、蜷川実花×藤井保らが、2人1組でお互いのネガをプリント。ほかに、デビュー当時のプリントや、それぞれの暗室を撮影したものが展示される。

■開催場所:アクシスギャラリー
■開催期間:10月2日(火)〜10月20日(土)  11:00〜19:00 最終日17:00まで
■入場料:入場無料


ミュージシャンのポートレイト撮影や、ラジオパーソナリティーとしても活躍しているハービー山口氏。氏が初めて訪れた1986年のベルリンや、1989年ベルリンの壁崩壊後の東欧で撮影された作品を公開。未発表作品を含めたモノクローム写真約30点。

■開催場所:目黒CASPER'S Gallery
■開催期間:10月2日(火) 〜10月14日(日)   11:00〜19:00 最終日17:00まで 10月8日休
■入場料:入場無料


ジョン・アイザック 一期一会−One Chance in a Lifetime−

インド出身のアイザック氏が、カシミール地方の人々の日々の生活や自然など、この5年間で撮影した数々の作品を中心に、約60点展示。不安定な社会情勢のこの地区で、気高く日常を送る人々や、美しい自然を、アイザック氏の写真を通して知ることができる。

■開催場所:オリンパスギャラリー
■開催期間:9月27日(月) 〜10月3日(水)10:00〜18:00  最終日15:00まで 日・祝休
■入場料:入場無料


今年5月に発売された写真集『girls’holiday!』は、ファッション誌でも人気の『soup』に連載していたものに、未掲載分をプラスしまとめたもの。ミュージシャン、モデル、女優など、旬の女の子たちが1冊になっている。この中から、今回の展覧会のため、蜷川実花氏により、新たにセレクトされた作品を展示。

■開催場所:静岡パルコ
■開催期間:9月13日(木)〜10月8日(月) 10:00〜20:00 入場は19:30まで
■入場料:入場無料


« 1 ... 35 36 37 (38) 39 »
  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。