DICTIONARY
年号 日本 - Japan日本 アメリカ - U.S.A.アメリカ ヨーロッパ - Europeヨーロッパ 時事
1930年     木村伊兵衛 写真機を全て売り、ライカを購入                  
      東松照明 誕生                  
1931年     木村伊兵衛 花王石鹸の広告写真が新聞に掲載される             ベルント・ベッヒャー 誕生 満州事変
1932年     木村伊兵衛 光画』創刊(野島康三中山岩太伊奈信男ら)                  
1933年     土門拳 母の勧めで写真館に勤務する       ニューヨーク近代美術館開館         ナチスが政権獲得
      細江英公 誕生       2▽動きある表情や、屋外での撮影も取り入れ始める         ビッグバンド編成によるジャズ確立
      木村伊兵衛 名取洋之助が主宰の日本工房の創立に参加                  
      木村伊兵衛 ライカによる文芸家肖像写真展」開催                  
1934年       文化紹介雑誌『NIPPON』創刊     アーヴィング・ペン アレクセイ・ブロドヴィッチと出会う          
      木村伊兵衛 中央工房設立     リー・フリードランダー 誕生          
      木村伊兵衛 国際報道写真協会を開く                  
1935年     土門拳 『アサヒカメラ』にスナップ写真入選                  
        この頃より、写真小グループの活動が活発になる                  
1936年               ライフ』誌創刊     ヘルムート・ニュートン 女性写真家イヴァのアシスタントを2年間務める ベルリンオリンピック開催
                      ロバート・キャパ 『崩れ落ちる兵士』撮影  
1937年     木村伊兵衛 歌舞伎役者六代目尾上菊五郎の舞台を撮影する       シカゴで「ニューバウハウス」が設立される         日中戦争開戦
      木村伊兵衛 『LIFE』の表紙に写真が使用される     アンディ・ウォーホル ブローニー判カメラで撮影をする          
      木村伊兵衛 初写真集『JAPANESE SCHOOL LIFE THROUGH THE CAMERA』出版                  
      土門拳 宇垣外相の写真が『ライフ』に掲載                  
      立木義浩 誕生                  
1938年     森山大道 誕生     ヘンリー・ディルツ 誕生     エドワード・スタイケン 写真家としての現役引退  
      木村伊兵衛 JAPAN THROUGH A LEICA』出版                  
1939年     沢渡朔 誕生     ウィリアム・エグルストン 誕生         第二次世界大戦開戦
Japan
「新興写真」(ノイエ・フォトグラフィー)
  U.S.A. Europe
「ノイエ・フォトグラフィー」
   
1920年頃〜1950年頃
アメリカ・ヨーロッパの写真表現方法に影響され、日本でも「新興写真」として、広まる。海外同様に、報道写真へとつながってゆく。
  1920年頃〜1950年頃
ドイツ→アメリカ→日本
絵画とは違った、独自の写真表現。現実の世界を、正確に、なおかつ自動に写真に撮る「ストレート・フォトグラフィー」の考え方にも近い。この考えは、フォト・ジャーナリズムへつながる。ドイツから発信されたが、アメリカ、日本へと着実に広がっていった。
   
2▽: 1930年頃〜 マネキンのような、固まった表情のモデル写真が主流だったが、屋外での撮影やモデルを走らせたりと、動きのある写真になった。その先駆けは、マーティン・ムンカッチだった。この頃から、ファッション写真の地位が確立された。

PAGE TOP

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。