DICTIONARY
年号 日本 - Japan日本 アメリカ - U.S.A.アメリカ ヨーロッパ - Europeヨーロッパ 時事
1960年     土門拳 筑豊のこどもたち』出版     アーヴィング・ペン 『モーメンツ・プリザーブド』出版         ガガーリン少佐が乗り宇宙船有人飛行成功
      細江英公 個展「おとこと女」     ダイアン・アーバス 雑誌『エスクァイア』などで作品を発表し始める          
      東松照明 <占領>シリーズ撮影開始     アンディ・ウォーホル 美術家としての活動を開始          
      立木義浩 「ADLIB3」展 開催(柳沢信、笠貫節らとともに)     リー・フリードランダー グッゲンハイム財団奨励賞を受ける          
1961年     森山大道 細江英公の助手となる     アーヴィング・ペン 「アーヴィング・ペンの写真」展開催     ベルント・ベッヒャー ヒラ・ベッヒャーと結婚  
      篠山紀信 ライト・パブリシティに就職                  
      東松照明 hiroshima-nagasaki documents1961』出版                  
1962年     ホンマタカシ 誕生     ウィリアム・エグルストン フリーの写真家として活動     エドワード・スタイケン NY近代美術館名誉ディレクターに就任  
              アンディ・ウォーホル ニュー・リアリスト展」を機にポップアーティストと呼ばれる          
              リー・フリードランダー グッゲンハイム財団奨励賞を受ける          
              ヘンリー・ディルツ モダン・フォーク・カルテットの一員としてレコードデビュー          
1963年     細江英公 薔薇刑』出版     デヴィッド・ラシャペル 誕生         第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディー暗殺される
      平間至 誕生     ダイアン・アーバス グッゲンハイム財団奨励賞を受ける          
      土門拳 古寺巡礼第1集』出版     アンディ・ウォーホル ファクトリーと名づけたスタジオを設立          
      沢渡朔 日本広告写真家協会(APA)奨励賞受賞     リー・フリードランダー ジョージ・イーストマンハウスで初個展開催          
        太陽』創刊     ジェラード・マランガ ファクトリーで最初のアシスタントとなる          
      大森克己 誕生                  
1964年     荒木経惟 さっちん』で太陽賞受賞     アンディ・ウォーホル ポップアーティストとして国際的な活動を始める         東京オリンピック開催
      ハービー・山口 中学時代、写真部へ入部     ヘンリー・ディルツ 写真を始める          
1965年     荒木経惟 初個展「さっちんとマー坊」     ウィリアム・エグルストン カラー写真を中心に撮り始める     エリオット・アーウィット NY近代美術館で個展 ベトナム戦争開戦(〜1975年)
      細江英公 Why,mother,why?』出版     リチャード・アベドン 『ヴォーグ』の仕事をし始める          
      木村伊兵衛 「写真 新・人国記」で、写真批評家協会作家賞受賞     ウィリアム・クライン 映画製作に専念する          
      東松照明 多摩美術大学付属多摩芸術学園写真科講師となる(〜1969年)     アンディ・ウォーホル インスティチュート・オブ・コンテンポラリー・アート展」開催          
      立木義浩 舌出し天使」で日本写真批評家協会新人賞受賞                  
      牛腸茂雄 桑沢デザイン研究所に入学                  
1966年     森山大道 中平卓馬と共同事務所を設立する     ロバート・メイプルソープ パティ・スミスと出会う     エリオット・アーウィット マグナムフォトの会長就任 ザ・ビートルズが日本武道館で公演
      東松照明 <11時02分>NAGASAKI』出版     ダイアン・アーバス グッゲンハイム財団奨励賞を受ける     ベルント・ベッヒャー ブリティッシュ・カウンシルから6ヶ月の奨学金を受ける  
      東松照明 東京造形大学映像科助教授となる(〜1973年)     リー・フリードランダー コンテンポラリー・フォトグラファーズ 社会的風景に向かって」展に出展          
      ハービー・山口 春休みニコンの下請け工場でアルバイト     ジェラード・マランガ 映画「チェルシー・ガールズ」出演          
1967年     藤代冥砂 誕生     ダイアン・アーバス ニュードキュメンツ」展に出展     ベルント・ベッヒャー ミュンヘン「産業建造物1830-1930写真によるある記憶展」開催  
      森山大道 写真集『にっぽん劇場写真帖』で、日本写真批評家協会新人賞を受賞する     アンディ・ウォーホル ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのアルバムプロデュース          
              リー・フリードランダー ニューヨーク近代美術館て「ニュードキュメンツ展」に出展          
1968年     篠山紀信 『篠山紀信と28人のおんなたち』出版             ヴォルフガング・ティルマンス 誕生  
      木村伊兵衛 「木村伊兵衛の眼」展開催                  
      木村伊兵衛 紫綬褒章受賞                  
      牛腸茂雄 卒業後、グラフィックの仕事を始める                  
      佐内正史 誕生                  
1969年     細江英公 鎌鼬』出版     アンディ・ウォーホル インタビュー』誌の編集、音楽プロデュースなど多岐にわたり活躍をしている     ベルント・ベッヒャー デュッセルドルフ市立美術館で個展開催 アポロ11号月面着陸
      立木義浩 フリーカメラマンになる     ヘンリー・ディルツ ウッドストックフェスティバルの公式フォトグラファーとなる         ウッドストック・フェスティバル開催
Japan
「リアリズム写真運動」
  U.S.A. Europe
「ポップ・アート」
  U.S.A. Europe
「コンテンポラリー・フォト」
1950年頃〜1950年後半
土門拳らによって、提言された、「絶対非演出写真」の表現方法。加工することなく、あるがままを写した写真。この考え方は、写真家へ大きな影響をもたらしたが、土門自らの言葉で、その終息がうたわれた。
  1950年代後半〜1970年頃
イギリス→アメリカ
マスメディアの、すでに広告などとして印刷されたものを素材とし、様々な手法で、表現してゆく。写真界においては、コラージュや、シルクスクリーンを用いたり、写真の上に絵の具を塗ったりするなど、作家それぞに、独自の方法で表現された。
  1960年後半頃の流行
アメリカ→ヨーロッパ→日本
何気ない日常や、光景に新たな発見を見出す写真の表現方法。この頃、『ライフ』の休刊もあり、フォト・ジャーナリズムは下降線をたどっていた。そこに、入れ替わって登場したのが、この表現方法だった。
Japan
「コンポラ写真」
       
1960年頃〜 高度経済成長期の頃
写真界に若く新しい才能が次々と登場し、海外からの『ヴォーグ』『ハーパース・バザー』の写真に大きな影響を受ける。広告写真は、この頃から70年代頃までにピークを迎える。ドキュメンタリー写真は、テレビの普及とともに、その存在が薄れていき、主な発表の場も減る。海外からの影響で1970年頃には、コンテンポラリー写真が流行する。
       

PAGE TOP

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。