DICTIONARY
年号 日本 - Japan日本 アメリカ - U.S.A.アメリカ ヨーロッパ - Europeヨーロッパ 時事
1970年     沢渡朔 寺山修司監督・映画「トマトケチャップ皇帝」の撮影を担当     ロバート・メイプルソープ ポラロイドでの撮影開始     マーティン・パー マンチェスター大学で写真を学ぶ(〜1973年)  
      立木義浩 イブたち』出版、個展開催     リー・フリードランダー セルフポートレイト』出版          
              アニー・リーボヴィッツ ローリング・ストーン誌の仕事に就く          
1971年     荒木経惟 センチメンタルな旅』出版     ロバート・メイプルソープ 初個展『Polaroids』開催     エリオット・アーウィット ドキュメンタリー映画の製作開始 イギリスでパンクブーム
      篠山紀信 『オレレ、オララ』出版     ブルース・ウェバー 写真家としてデビュー          
      立木義浩 「私生活・加賀まり子」展開催、写真集発売     ジェラード・マランガ 著書「シックな死」出版          
      立木義浩 『GIRL』出版                  
      牛腸茂雄 日々』自費出版                  
1972年     森山大道 『写真よさようなら』出版     アーヴィング・ペン 『Worlds in a small room』出版     ベルント・ベッヒャー ハンブルク造形芸術大学の客員教師となる  
      篠山紀信 『女形・玉三郎』出版     ダイアン・アーバス ニューヨーク近代美術館で大規模な回顧展が開催される          
      東松照明 『I am King』出版                  
      蜷川実花 誕生                  
      川内倫子 誕生                  
1973年     細江英公 アメリカで初のワークショップ開催     ダイアン・アーバス 「ダイアン・アーバス写真展」日本で開催          
      沢渡朔 森の人形館NADIA』出版。日本写真協会年度賞受賞     アニー・リーボヴィッツ ローリング・ストーン誌で、チーフフォトグラファーとなる          
      沢渡朔 少女アリス』個展、出版                  
      ハービー・山口 イギリスへ渡る(〜1983年)                  
      長島有里枝 誕生                  
1974年                   オイルショック
      杉本博司 ニューヨークにて写真制作開始     アンディ・ウォーホル 大丸ミュージアムでの個展「アンディ・ウォーホル大回顧展」のため、日本を訪れる     マーティン・パー 英・米・欧・日・中で写真展を開催する  
      東松照明 WORKSHOP写真学校の設立に参加                  
      東松照明 ニューヨーク近代美術館で開催の「New Japanese photography展」に出品                  
1975年     木村伊兵衛 木村伊兵衛写真賞が創設される             マーティン・パー ダブリンの芸術大学などで写真教育に携わる(〜1990年代)  
      東松照明 太陽の鉛筆』出版                  
      沢渡朔 『小沢征爾』出版                  
      ハービー・山口 ロンドンで上映の寺山修司作品を撮影しタイムズ紙に掲載                  
1976年     杉本博司 ジオラマ』シリーズで注目される     ウィリアム・エグルストン ニューヨーク近代美術館で初個展     ヘルムート・ニュートン ホワイト・ウィメン』出版  
      東松照明 前年出版の『太陽の鉛筆』で、日本写真家協会年度賞毎日芸術賞芸術選奨文部大臣賞受賞     リー・フリードランダー アメリカン・モニュメント』出版     ベルント・ベッヒャー デュッセルドルフ美術アカデミーの教授となる(〜1999年)  
              ハーブ・リッツ スナップショットがニューズウィーク誌に掲載される     マリオ・テスティーノ ロンドンへ渡る  
1977年     牛腸茂雄 『SELF AND OTHERS』出版     リー・フリードランダー グッゲンハイム財団奨励賞を受ける     トーマス・ルフ デュッセルドルフ美術アカデミーで学ぶ(〜1985年)  
      澤田知子 誕生     アニー・リーボヴィッツ 出版デザイナーのビア・フェイトラーに出会う          
1978年     杉本博司 劇場』シリーズ     ウィリアム・エグルストン 『フラワー』出版     アンドレアス・グルスキー 1981年まで写真学校であるエッセン・フォルクワクシューレで写真を学ぶ  
      篠山紀信 週間朝日』表紙撮影を開始     リー・フリードランダー 『フォトグラフス』出版          
      本城直季 誕生     ハーブ・リッツ 俳優リチャード・ギアの写真をきっかけにプロ写真家となる          
1979年     篠山紀信 『激写・135人の女ともだち』出版     ロバート・メイプルソープ Xポートフォリオ」制作開始     ミッシェル・コント 写真を始めてすぐに広告写真を撮るまでになる  
      沢渡朔 「美少女シリーズ」などで、講談社出版文化賞写真賞受賞     アンディ・ウォーホル ホイットニー美術館で回顧展「70年代のポートレイト展」開催     トーマス・ルフ 作品「室内」シリーズ制作開始  
Japan
「コンポラ写真」
  U.S.A. Europe
「ポップ・アート」
  U.S.A. Europe
「コンテンポラリー・フォト」
1960年頃〜 高度経済成長期の頃
写真界に若く新しい才能が次々と登場し、海外からの『ヴォーグ』『ハーパース・バザー』の写真に大きな影響を受ける。広告写真は、この頃から70年代頃までにピークを迎える。ドキュメンタリー写真は、テレビの普及とともに、その存在が薄れていき、主な発表の場も減る。海外からの影響で1970年頃には、コンテンポラリー写真が流行する。
  1950年代後半〜1970年頃
イギリス→アメリカ
マスメディアの、すでに広告などとして印刷されたものを素材とし、様々な手法で、表現してゆく。写真界においては、コラージュや、シルクスクリーンを用いたり、写真の上に絵の具を塗ったりするなど、作家それぞに、独自の方法で表現された。
  1960年後半頃の流行
アメリカ→ヨーロッパ→日本
何気ない日常や、光景に新たな発見を見出す写真の表現方法。この頃、『ライフ』の休刊もあり、フォト・ジャーナリズムは下降線をたどっていた。そこに、入れ替わって登場したのが、この表現方法だった。
Japan
(1)「ネイチャーフォトの確立」(2)「ヌード写真」
  U.S.A. Europe
(1)「ニュー・トポグラフィックス」(2)「ニューカラー」
   
1970年代後半〜
(1)ネイチャーフォトがアートとして地位を確立された時期。
(2)戦後、表現の自由とともに、性への開放も緩和され、80年代頃は、多種多様な自由な表現が開花していった。
  1970年頃〜1980年前半
アメリカ、ヨーロッパ
ほぼ、同時期に(1)(2)が存在し始める。
(1)人の生活によって、壊された自然を風景写真として撮影したもの。
(2)カラー写真を用い、表現したもの。これらは、その後、広く定着していく。
   
★: 「オリジナルプリント」が出始めたのは、1970年代。写真家自らプリントをし、長く保存できるように処理され、自分のサインを入れるようになった。

PAGE TOP

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。