DICTIONARY
年号 日本 - Japan日本 アメリカ - U.S.A.アメリカ ヨーロッパ - Europeヨーロッパ 時事
1980年     杉本博司 海景』シリーズ制作     ウィリアム・クライン 写真活動を再開する          
      細江英公 スイス、パリなどで個展開催     アーヴィング・ペン Flowers』出版          
      立木義浩 「MY AMERICA ボクは裸のアメリカを見た」展 開催     アニー・リーボヴィッツ ジョン・レノン最後の写真を撮影          
      牛腸茂雄 画集『扉をあけると』出版                  
1981年       毎日新聞社が土門拳賞 創設     デヴィッド・ラシャペル インタビュー』誌で仕事を始める     ミッシェル・コント アメリカ『ヴォーグ』誌での仕事を開始  
      東松照明 個展「いま!!東松照明の世界」展、全国で開催             アンドレアス・グルスキー 1987年までデュッセルドルフ美術アカデミーで学ぶ  
      牛腸茂雄 『見慣れた街の中で』出版、個展開催                  
      ハービー・山口 菊池武夫のショーを撮影『流行通信』へ掲載                  
      ホンマタカシ 日本大学芸術学部 写真学科入学(〜1984年)                  
1982年     細江英公 ジョージ・イーストマンハウスで、個展「細江英公:Human Figure1960-1980」開催     ブルース・ウェバー カルバンクラインの広告撮影     ニック・ナイト i-D誌の仕事を始める  
      細江英公 ロチェスター工科大学で、個展「細江英公:写真1960-1980」開催             トーマス・ルフ 個展を開催し始める  
      細江英公 ロチェスターのヴィジュアル・スタディーズ・ワークショップで、個展「細江英公:鎌鼬と写真集」開催                  
1983年     森山大道 写真集『光と影』で、日本写真協会年度賞受賞     ロバート・メイプルソープ 『Lady Lisa Lyon』出版     ニック・ナイト 『SKINHEAD』出版  
      牛腸茂雄 幼年の「時間」』を発表     アンディ・ウォーホル サラエボ冬季オリンピックのポスター製作          
      ハービー・山口 来日したカルチャー・クラブのコンサートツアーに同行     アニー・リーボヴィッツ ヴァニティ・フェア誌に移籍する          
              アニー・リーボヴィッツ 初の個展を開催。全米を巡回する(〜1983年)          
              アニー・リーボヴィッツ 初写真集『Annie Leibovitz:Photographs』出版          
1984年                    
      東松照明 個展「Japan1952-1981 SHOMEI TOMATSU」展開催     アニー・リーボヴィッツ 米国雑誌写真家協会最優秀写真家賞受賞     アンドレアス・グルスキー 風景写真を撮り始める  
                      トーマス・ルフ 作品「ポートレイト」シリーズ制作開始  
1985年     篠山紀信 シノラマ・人間』出版     ブルース・ウェバー 「ショット・オブ・スタイル」展出展     ロバート・フランク ファッション写真で活躍 日本バブル経済
      ハービー・山口 「女王陛下のロンドン」エッセイ集出版     ジェラード・マランガ 著書「ヴェルヴェッド・アンダーグラウンド物語」出版     ベルント・ベッヒャー 採掘塔』出版  
      ハービー・山口 『LONDON AFTER THE DERAM』     ハーブ・リッツ 初展覧会を開催後、世界的な活躍を始める     アンドレアス・グルスキー ベッヒャー夫妻に学ぶ  
1986年     東松照明 ポンピドゥーセンターでの「前衛芸術の日本1910-1970」に出展     ハーブ・リッツ マドンナのアルバム「トゥルー・ブルー」を手がける     マーティン・パー 『The Last Resort』出版 写ルンです発売
      沢渡朔 個展「表紙になった女たち展」開催                  
1987年             ブルース・ウェバー ホイットニー美術館「ビエンナ」展出展     アンドレアス・グルスキー デュッセルドルフ空港で個展開催 アメリカ西海岸から、メタルブーム
              マーク・セリガー フリーランスの写真家としてローリング・ストーン誌の仕事をし始める          
1988年             ロバート・メイプルソープ ホイットニー美術館で大回顧展開催     エリオット・アーウィット 「Personal Exposures」展覧会 ソウルオリンピック開催
              アーヴィング・ペン 『Issey Miyake』出版     マーティン・パー マグナムフォトに参加(1994年に正会員となる)  
              ボブ・グルーエン ザ・ローリング・ストーンズ写真集』出版     アンドレアス・グルスキー ケルンのヨーネン&シェットル画廊で個展開催  
              ハーブ・リッツ 写真集『PICTURES』出版     トーマス・ルフ ヴェネチア・ビエンナーレで注目を集める  
              ハーブ・リッツ ミュージックビデオも手掛けるようになる          
1989年     杉本博司 『SUGIMOTO』で毎日芸術賞     ブルース・ウェバー 長編ドキュメンタリー制作を開始する     アンドレアス・グルスキー クレフェルトのハウス・ランゲ美術館で個展開催 ベルリンの壁崩壊
              アンディ・ウォーホル ニューヨーク近代美術館で大規模な回顧展開催          
              アニー・リーボヴィッツ インターナショナル・センター・オブ・フォトグラフィー(I.C.P.)インフィニティ賞受賞          
              アニー・リーボヴィッツ スーザン・ソンタグと出会う          
              ボブ・グルーエン 『レッド・ツェッペリン写真集』出版          
              ハーブ・リッツ 写真集『Men/Women』出版          
              ハーブ・リッツ 日本での初個展をパルコで開催          
Japan
(1)「ネイチャーフォトの確立」(2)「ヌード写真」
  U.S.A. Europe
「コンテンポラリー・フォト」
  U.S.A. Europe
(1)「ニュー・トポグラフィックス」(2)「ニューカラー」
1970年代後半〜
(1)ネイチャーフォトがアートとして地位を確立された時期。
(2)戦後、表現の自由とともに、性への開放も緩和され、80年代頃は、多種多様な自由な表現が開花していった。
  1960年後半頃の流行
アメリカ→ヨーロッパ→日本
何気ない日常や、光景に新たな発見を見出す写真の表現方法。この頃、『ライフ』の休刊もあり、フォト・ジャーナリズムは下降線をたどっていた。そこに、入れ替わって登場したのが、この表現方法だった。
  1970年頃〜1980年前半
アメリカ、ヨーロッパ
ほぼ、同時期に(1)(2)が存在し始める。
(1)人の生活によって、壊された自然を風景写真として撮影したもの。
(2)カラー写真を用い、表現したもの。これらは、その後、広く定着していく。
※: 1985年〜デジタルカメラの登場により、写真の加工や合成が容易になる。機械に弱いとされる、女性や子供でも、簡単に写すことができるようになり、写真を撮ることが一般的に普及していった。

PAGE TOP

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。