DICTIONARY
カテゴリー
か行-雑誌名
月刊シリーズ

1998年から新潮社が発行しているムック型写真集。毎号、女性タレント一人だけが起用され、グラビア・インタビューを掲載。タイトルには必ず、女性タレントの名前が入る。1号目は『月刊 永作博美』、撮影:平間至。

カメラ毎日

1954年創刊し、1985年まで続いた毎日新聞社発行のカメラ・写真専門誌。若手広告写真家を多く登場させ、写真誌では異例の、50ページ超大特集を組み話題を呼んだ。

記録

森山大道が、1972年〜1973年に自費出版していた雑誌。2006年に復刊。

グラマー

ヴォーグ誌など90種近い雑誌を発行するコンデナスト社の女性総合誌。最新のファッションやビューティー、コスメなどの情報を扱う。

光画

1933年まで活動。海外の影響を受け、自由に写真表現を発展させようと試みた写真雑誌。合計18冊刊行。

コマーシャルフォト

1960年創刊。玄光社が発行。広告写真家や、広告クリエイターのための専門誌。

page top
か行-人名
カルチャー・クラブ

1981年結成
イギリスのバンド。女性かと思うビジュアルのボーカル、ボーイ・ジョージを中心に活動。

川内 倫子(かわうち りんこ)

1972-
滋賀県生まれ。成安女子短期大学造形芸術科卒業。高校時代、コンパクトカメラで何気なく写真を撮っていたが、短大で、週に1度のカメラの授業によって、写真の、特に現像の面白さを知る。卒業後、広告会社の写真部に入社。その後、スタジオカメラマンを経て、1997年にフリーランスの写真家になる。2002年、写真集『うたたね』・『花火』で木村伊兵衛写真賞を受賞。商業写真と並行し、、自身の作品制作や国内外での個展を精力的に続けている。書籍「世界の中心で愛を叫ぶ(片山恭一:著)」のカバー写真や、映画「誰も知らない(是枝裕和:監督)」のスチール写真なども手がけた。/写真集の他に、『りんこ日記』(2006年)、『りんこ日記2』(2006年)、『majun』(2007年)がある。

菊池 武夫

1935年生まれ。ファッションデザイナー。TAKEOKIKUCHIを立ち上げる。2005年には、新ブランド40CARATS&525を立ち上げた。

キース・リチャーズ

1943年
イギリス生まれ。現役で活躍しているロックバンド「ローリングストーンズ」のギタリスト。ソロでの活動もしている。1992年に発表されたアルバムは「メイン・オフェンダー」。

木村 伊兵衛(きむら いへえ)

1901-1974
製紐業者の長男として東京都に生まれる。小学生の頃、露天商で買ったおもちゃのカメラで写真を撮り始める。台湾で、近所の写真館に出入りし営業写真の技術を修得する。東京で写真館を開業した後、広告写真の撮影に携わる。写真誌や工房の設立に参加しながら、下町などのスナップ、女性のポートレイト、沖縄や秋田や満州などで、自身の作品も制作していく。ヨーロッパへの撮影旅行では、アンリ・カルティエ=ブレッソンロベール・ドアノーなどと交流をした。英語版の写真集も何冊か出版している。彼が他界した翌年には、それまでの功績を讃え「木村伊兵衛写真賞」が創設された。/1974年『木村伊兵衛写真集 パリ』、1978年『秋田』、1979年『六代目菊五郎』、1981年『街角』

牛腸 茂雄(ごちょう しげお)

1946-1983
新潟県で、金物屋を営む家に生まれる。3歳の頃、難病である胸椎カリエスを患い、4歳半くらいまで下半身をギプスで固定した生活を送る。この時の後遺症で、成人した後も体調の優れないことが多かった。高校時代はポスターデザインなどのコンクールで入賞を重ねている。桑沢デザイン研究所では、グラフィックを2年間、写真を1年間学んだ。このとき、大辻清治に出会い、写真の道を勧められる。卒業後は、グラフィックの仕事をしながら、『カメラ毎日』へ作品を掲載していき、若手写真家として注目を集めた。こどもや、日常風景を切り取った作品を残している。

五味 彬

1953年生まれの写真家。女性ファッション誌を中心に活躍。1993年には日本初のCD-ROM写真集「YELLOWS」を発表。

page top
か行-賞名
菊池寛賞

1938年、日本文学振興会が創設し、一度は中止となったが、1952年に再開。文芸や映画などの文化活動において多大な功績をあげた個人や団体に贈られる。

木村伊兵衛写真賞

朝日新聞社が主催。新人写真家を対象にしている。

グッゲンハイム財団奨励賞

グッゲンハイム財団のサイモン・グッゲンハイムが1925年アメリカで創設。有能な科学者、芸術家に贈られ、その資金で新しい仕事を完成させる義務がある。 受賞者は、エドワード・ウェストンなど。

芸術選奨文部大臣賞

1950年に文化庁が創設。芸術や文化の分野で、その年優れた業績をあげた者に贈られる。

講談社出版文化賞写真賞

講談社設立60周年記念事業として発足し、1970年に第1回を開催。現在「さしえ・漫画・ノンフィクション・ブックデザイン・絵本」賞があり、出版物の優れた作品に授与される。これまでの受賞者は、小林伸一郎、岩合光昭、沢田教一、篠山紀信などがいる。

神戸市文化奨励賞

神戸市主催。学術や芸術の分野で市の文化の発展に貢献し、将来期待される作家個人や団体に贈られる。

コニカ写真奨励賞

現・コニカミノルタ主催の若手公募「フォト・プレミオ」。写真制作、表現・技術への意欲溢れる若手写真家支援を目的とし、作品発表の場や、奨励金授与、活動サポートを行っている。

page top
か行-写真集・作品など
海景

カリブ海、バルト海など、世界の海がモチーフとなっている作品集。

kazu

1995年出版。サッカー選手の三浦知良のヌード写真集。

風の写心気

『日本フォトコンテスト』に4年間連載していたものをまとめたモノクロ写真集。プロとしてというより、写真愛好家として撮影したと言う作品の数々。

鎌鼬

舞踏家の土方巽をモデルとした写真集。撮影は、秋田県内の農村で行われた。これにより、芸術選奨文部大臣賞を受賞している。

California Dreaming

1965年から1975年まで、ヘンリーディルツがカメラに収めたミュージシャン達が登場する、340ページを超える豪華写真集。

girls’ holiday!

ファッション誌「soup」に連載していた作品をまとめたもの。土屋アンナや木村カエラなど、女優・ミュージシャン・モデルで活躍する女性たちが登場する。

基層

インターネットから、日本のアダルトコミックをダウンロードし、極限までデジタル加工した作品。

Cui Cui

2005年出版。プライベートで、10年以上にわたり撮り貯めていた家族の写真を、1冊にしたもの。

きわめてよいふうけい-SHORT HOPE中平卓馬

2004年出版。写真家・中平卓馬の日常を、1999年から約5年間追って、撮られたもの。同年、初映画監督作品『きわめてよいふうけい』が公開される。

Cooling Towers

2006年出版。これまでヨーロッパ各地・米国で撮影された給水塔、タンク、溶鉱炉の多くの作品に冷却塔を加えたもの。

劇場

映画館スクリーンの光のみで撮影した作品集。

建築

世界的な建造物をモチーフとした作品集。

page top
か行-写真展
Classic Rock'n Roll Fine Art Photography Henry Diltz and Bob Gruen

ロックフォトグラファーで有名なボブ・グルーエンヘンリー・ディルツが撮影した1960年代〜1970年代のロック全盛期の作品が展示された。

古寺巡礼

1975年第5集完結までの撮影期間は、30年以上にもなる。この仕事により、菊池寛賞、紫綬褒章を受章する。1968年以降は、車椅子生活とリハビリの中、撮影に挑む。

コンテンポラリー・フォトグラファーズ展

ジョージ・イーストマンハウスで開催された写真展。記録的な写真ではなく、身の周りの日常風景を撮影したリー・フリードランダー、ゲリー・ウィノグランドなどの作品出展された。

page top
か行-スタジオ用語
階調

用語・フィルム濃度の階調のことでグラデーションと言い、光の明暗でできる濃度差。

かえり

用語・背景にあてた強い光が反射して被写体に影響がでる状態。「かえりをきる」はその反射光を遮るために画角に入らない位置でスタジオの左右に黒布を垂らし下げて、光を吸収させたり、バウンズ板の黒面を被写体のすぐ後ろにおいて背後からの光を遮ること。

画角

用語・カメラに写る範囲で天地左右のこと。「写角」ともいう。

角版

「カクハン」・用語・被写体と背景を撮影した写真原稿をそのまま印刷原稿として使う撮影法。「キリヌキ」と区別して使う。

かさ

用語・ストロボ用アンブレラのこと。

カサトレ

略語・ストロボアンブレラをトレーシングペーパーでおおうことによって光をより拡散させる方法。「平面」なものとかさの芯を中心に貼った立体の「ピラミッド」がある。

かぜ

略語・送風機や扇風機を使って故意にものに風をあて、演出すること。または、それに使う送風機や扇風機のこと。「かぜ、持ってきて!」という。

かたい

1.俗語・光源から直接、放射した、メリハリのある階調の光質。
2.俗語・階調の狭い、柔らかい調子のない写真。

カット

用語・画面数または場面数を言い=ライティングセット数と考える。カット数が多いとは、セットチェンジも多いということ。1カットのバリエーションや1カットの差し替えとは同じセッティングで内容や人物をかえて撮ること。

カットフィルム

品名・フィルムの形状種類で「シートフィルム」とも言う。4×5「シノゴ」や8×10「バイテン」などのビューカメラ用フィルムのこと。

カットホルダー

品名・フィルムホルダーの種類で「シートホルダー」ともいい、上記のカットフィルムを使用する際に使用する。

かぶり

1.品名・ビューカメラのファインダーを覗く際に頭から被る黒布のこと。
2.略語・フィルムに撮影時の露光以外の光で観光した状態。光カブリのこと。
3.用語・背景の色などが反射して、被写体に影響のでる状態。晴天の青空による「青かぶり」など。

カポック

品名・白色の発砲スチロール製の建築資材で反射板として使う。表裏白黒のものもある。

上手

「かみて」・用語・舞台やスタジオではホリゾントまたは背景紙に向かって右側の方向。

カラーチャート

品名・色基準見本帳のことでフィルムや照明等のテスト撮影をする時に使用する。

カラーフィルターワーク

用語・主にカメラのレンズ前にフィルターを使い、ポジフィルム撮影時の色のかたよりを補正すること。コダックラッテンフィルター・フジ ポリアセテートフィルターなどがある。

カラーフィルム

用語・ポジ「リバーサル」とネガ、ポラ「インスタント」などのタイプ別とデーライト、タングステンなどの使用光源別に区分する。

カラーポジ

略語・カラーリバーサルフィルムのこと。

カラーメーター

略語・色温度計のこと。

ガムテ

略語・通常梱包用などに使う「ガムテープ」の略。テープの巾で「細ガム」・「太ガム」などともいう。

カンペ

略語・商標「関西ペイントSW-20」の略。撮影スタジオの白ホリゾント塗装専用の水性ペイント。

キープ

1.用語・「保管」「預かる」こと。
2.略語・スタジオの「仮予約」のこと。

キャッチライト

1.用語・特定部分に当たるハイライト「強い」光。
2.用語・人物撮影で目にライト自体が写り込み、瞳がキラキラするライティング。ベッピンライトのひとつ。またはそのためにつかうストロボパーツ「リングライト」

キャップタイヤ

品名・タングステンライトの電源用延長コードのこと。

キリヌキ

用語・被写体の必要な部分を印刷製版時に写真原稿から切り抜きやすく撮影する技法。被写体と背景が融合しない撮影法。

きる

用語・光を遮る、遮光すること。

KINO FLO

「キノフロ」・商標・キノフロ社製の専用蛍光灯を使った照明機材。大きなものは40Wのランプを10本並べたものからデイライトやタングステンなどのタイプ別、またブラックライトやブルー、グリーン、レッドなどの背景用などの種類がある。

銀傘

用語・ストロボ用アンブレラの種類で傘の内側が銀色のもの。

クライアント

用語・依頼主、またはスポンサー、広告主のこと。

グラデーション

用語・階調のこと。

クリエイティブディレクター

職種・「CD」と略し、広告制作の最高責任者のこと。

グリッド

品名・ストロボ用パーツでヘッドに取り付ける。ハニカム「蜂の巣」状の編み目を透して光の放射拡散を制限し、スポット的に照明する。

グローブバウンサー

品名・ストロボ用パーツでヘッドに半透明で球状のアダプターを取り付け、その外側に四角いボックスライトを取り付けた物。

黒ケント紙

品名・黒色のケント紙で「クロケン」と略す。商品撮影の背景やライティングで切る時に使う。

黒テ

「くろて」・略語・パーマセル社製の黒色の紙粘着テープ。「黒テープ」の略。

黒でしめる

1.用語・黒のコントラストをはっきりさせること。黒を写り込ませること。
2.用語・スタジオの左右の壁一面に黒幕を垂らし下げ、被写体の輪郭をはっきりさせる手法。「左右黒じめ」という。

黒幕

品名・大きな黒い布地で当社では「黒布」という。「黒バック」背景や黒じめなどに使う。大きさは5m×6m

けずる

用語・「取り去る」または「無くす」こと。

けられる

1.用語・レンズの前やカメラと被写体との間にものが入って画面上、邪魔になっていること。
2.用語・レンズのイメージサークルに結ぶ映像が、途中ものに遮られるか、イメージサークルから外れている状態。

゜K

「どケルビン」・記号・「ケルビン温度」とも呼び、色温度の単位で光源の光質を表示する。

原寸

「げんすん」・用語・実際の大きさと同じこと。

コマーシャルフィルム

用語・広告のためのフィルム映像。「CF」

コマーシャルメッセージ

用語・広告を目的にした表現活動。「CM」

こわす

用語・ライティングセット等を壊すことで「バラす」または「わらう」ともいう。

コントラスト

用語・明暗の濃度差のことで照明、ネガまたはプリント等に対していう。

page top
か行-その他
清里フォトアートミュージアム

清里高原に写真美術館として開設された。若手写真家の作品を公募し収蔵したり、バックアップにも力を入れている。

クリスティーズ・ニューヨーク

1766年イギリス・ロンドンで設立された競売会社。アメリカ国内やアジアなど世界中に拠点がある。大学院修士課程コースを運営する機関でもあり、美術評論家や美術商などの育成に力を注いでいる。

桑沢デザイン研究所

1954年設立。日本初のデザイン専門学校。第一線で活躍する多くのデザイナー、クリエイターを輩出。東京造形大学は同系列。

高度経済成長期の頃「コンポラ写真」

1960年頃〜 
写真界に若く新しい才能が次々と登場し、海外からの『ヴォーグ』『ハーパース・バザー』の写真に大きな影響を受ける。広告写真は、この頃から70年代頃までにピークを迎える。ドキュメンタリー写真は、テレビの普及とともに、その存在が薄れていき、主な発表の場も減る。海外からの影響で1970年頃には、コンテンポラリー写真が流行する。

国際報道写真協会

対外宣伝活動のために、伊奈信男らとともに開いたグループ。

コンセプチュアルアート

アイデアやコンセプトを重要視している作品。

コンテンポラリー・フォト

1960年後半頃の流行 アメリカ→ヨーロッパ→日本
何気ない日常や、光景に新たな発見を見出す写真の表現方法。この頃、『ライフ』の休刊もあり、フォト・ジャーナリズムは下降線をたどっていた。そこに、入れ替わって登場したのが、この表現方法だった。

  • High photo Japanとは?
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
  • 会社概要
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
  • アンケート
Adobe Flash Player Download 最新のFlash playerをダウンロード

Copyright(c) High photo japan. All rights reserved.
掲載の写真・記事・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。